more-than-now.cocolog-nifty.com > How to make《ベースメイク》

c.ファンデーションを塗る

c.ファンデーションを塗る

【ファンデーションの目的】

肌の凹凸をなめらかにして、きめ細かく美しい肌に見せます

外界からの刺激や乾燥などから肌を保護します

肌を健康的に見せたり、立体的に見せたりします

【ファンデーションの種類】

クリームファンデーション・・・カバー力が高く、ハリとツヤのあるしっとりした肌に仕上がります
普通肌~乾燥肌の人におすすめです

オイルフリーファンデーション・・・カバー力はやや落ちますが、透明感の高い自然な仕上がりになります
爽やかな使用感で、脂性肌の人におすすめです

パウダリーファンデーション・・・のびがよく、カバー力も自由自在に調整できますので、手早く仕上げられます
お手軽感はありますが、立体感などがつくりにくく、物足りなく感じるかもしれません

【ファンデーションの色選び】

まず最初に自分の肌に合いそうな色を選んで、フェイスラインのところに少量づつのせます

ぴったり合う色があれば、それでOKですが、微妙に違う場合は、自分の肌に近い明るい色と暗い色の2色を混ぜて、自分の肌色をつくります

【ファンデーションの塗り方】

①頬と額(茶色で示したゾーン)にファンデーションをおいて、そこから→方向に向かってのばす感じで塗ると、立体感が出てナチュラルな仕上がりになります

①で示したところを最も濃くし、フェイスラインに行くに従って薄くしていくことでグラデーションがかかり、より立体的に仕上がります

②目周り、口周り(クリーム色で示したゾーン)は、絶えず動くところですので、ファンデーションを厚く塗ると、だんだんよれていきますので、できるだけ、薄く仕上げてください

鼻(クリーム色で示したゾーン)は、ファンデーションを厚塗りすると、とくに「厚化粧」に見えてしまいますので、薄く仕上げてください

一通りファンデーションを塗り終えたら、スポンジでパッティングしながら押えていきます

スポンジで押えることで、ファンデーションの塗りムラをなじませることができ、肌への密着度を上げることで、化粧くずれを防ぎます

力をあまり入れ過ぎると、せっかくのファンデーションがとれてしまいますので、気をつけてください

| トップページ |