more-than-now.cocolog-nifty.com > How to make《ベースメイク》

g.シェイディング効果

g.シェイディング効果

【シェイディング効果】

「暗い色は、収縮して見える」という色の効果を利用して、奥行きやくぼみ、コンパクトさをつくり、立体感を演出します

①額の生え際・・・広さを調節したり、影をつくることで額の形を丸く見せたりします

②アイホール・・・アイホールをくぼんで見せることで、腫れぼったい目元をすっきり見せることができます

③ノーズシャドウ・・・鼻筋をすっきり見せたり、ハイライトとの相乗効果で鼻を高く見せたり、鼻を小さく見せたりします

④フェイスライン・・・顔幅を狭く見せたり、奥行きがあるように見せたりします

⑤下唇の下・・・あごや唇を立体的に見せます

⑥あご・・・顔の長さを短く見せます

【シェイディングの入れ方】

入れる場所の範囲に合わせてブラシの大小や硬さを選んでください

肌色よりも暗いファンデーションやベージュ系、ブラウン系などのパウダーなどを使用し、顔のバランスを見ながら入れます

「卵の形」を顔に当てはめて、はみ出るところを目安にするといいです

ベースの肌色と極端な差が出たり、濃く入れ過ぎたりしないように気をつけてください

必ず、明るいところでメイクしてください(暗いと入れた度合いが分からず、思ったよりも濃くなってしまいます)

| トップページ