more-than-now.cocolog-nifty.com > カラーのい・ろ・は

c.配色

c.配色

○配色は、単に色の組み合わせではなく、相互の面積の大小、アクセント、コントラストなどのテクニックを使うと、さらに効果的です。

①アクセント

アクセントとは、強調、引き立てるという意味です。
そのままでは平凡で単調な配色なのに、ある1色を加えることにより、変化が出来て引き締まり、生き生きとしてくる配色です。

②コントラスト

お互いの色の強烈な対照によってバランスをとることをコントラストといいます。
色の強さと弱さ、明るさと暗さのように、対照的な色でバランスをとります。
色相では、補色が一番効果が出ます。
明度も、高明度と低明度、トーンも、対照的なトーンを選びます。

③グラデーション

グラデーションとは、だんだん規則的に変化していくことで、リズム感を出し、連続効果もねらいます。
色相は、赤→黄→緑→青→紫と変化させていき、明度は、明るい方向からだんだんと暗く変化させ、彩度は、色みの弱いものから鮮やかさを増していきます。

④セパレーション

セパレーションとは「分離」という意味で、となり合った色同士が強すぎてチラチラする場合や、暗く重い配色などの場合や弱い調子の色同士の場合、その中間に無彩色を入れることにより、それぞれを分離し、落ち着くことをいいます。

⑤ドミナント

ドミナントとは、配色全体を支配する色またはトーンを効果的に使うことで、全体に統一感と融和が得られます。
これは、色の三属性に対応させて全体の支配色を、色相でとらえるドミナントカラー、トーンでとらえるドミナントトーンの2つに分けて考えるとわかりやすいでしょう。

| トップページ |