more-than-now.cocolog-nifty.com > How to make《アイカラー》

a.アイカラーを入れるエリアについて

a.アイカラーを入れるエリアについて

【アイカラーを入れるエリアについて】

①ベース
アイラインの位置から眉下までのまぶた全体のエリアです。
ここのエリアは、色を入れるという感じではなく、まぶた全体を明るく仕上げ、透明感をつくるという感じです。
濃い色は避けて、淡いやさしい色を使って透明感を演出してください。

②アイホール
アイラインの位置から眉弓骨(眉の下にある骨)の下のくぼみまでのエリアです。
ここのエリアは、まぶたに立体感を演出するという目的で色を入れます。
ある程度濃い色を使っても差し支えありませんが、アイラインの位置から徐々にグラデーションをつけていくように入れてください。
ポイントに入れる色とのバランスを考えて色選びをしてください。

③ポイント
目の際(きわ)にあたるエリアです。
ここのエリアは、表現色と言われているところで、その日のあなたを表現する場所です。
濃い色を使っても大丈夫ですので、思い切って表現してください。
ただし、どこを一番濃くするかを決めて、狭いエリアですがきちんとグラデーションさせてください。

トップページ |