more-than-now.cocolog-nifty.com > 顔の筋肉

a.顔の筋肉の名称と働き

a.顔の筋肉の名称と働き

【顔の筋肉の名称と働き】

①前頭筋(ぜんとうきん)・・・おでこ全体を覆う筋肉で、この筋肉が横ジワを左右します

②側頭筋(そくとうきん)・・・こめかみの所にある筋肉で、顔全体のリフトアップに重要な筋肉です

③眼輪筋(がんりんきん)・・・目の周りを取り囲むようにあり、目の開閉をする筋肉で、パッチリした目元の源です

④小頬骨筋(しょうきょうこつきん)・・・口元を斜めに引き上げ、笑顔をつくる大切な筋肉で、ここが衰えると頬にたるみが出てきます

⑤大頬骨筋(だいきょうこつきん)・・・頬骨にあり、口を大きく開けて笑う時などに使われる筋肉で、この筋肉を鍛えるとシワやたるみの予防になります

⑥咬筋(こうきん)・・・物を咬む時に使う筋肉です

⑦頬筋(きょうきん)・・・口角を外側に引いたり、空気を外に強く吹く時に働く筋肉です

⑧笑筋(しょうきん)・・・口角を外側に引っ張り、笑顔をつくる時に使います  この筋肉が衰えると口元が緩みますので、たるんで見えます

⑨口角下制筋(こうかくかせいきん)・・・口角を下に下げる時に使われます  これが衰えると口角から下あごにかけてシワが出来ます

⑩下唇下制筋(かしんかせいきん)・・・下唇を下方と外側へ引く筋肉です

⑪広頸筋(こうけいきん)・・・口角を下方に引く筋肉で、これが衰えると首にシワが出来ます

⑫皺眉筋(すうびきん)・・・眉間の縦シワをつくる筋肉で、顔をしかめたり、眩しい時に使われます

⑬鼻根筋(びこんきん)・・・鼻の根元に横シワを寄せる筋肉です

⑭鼻筋(びきん)・・・鼻を狭めたり、広げたりする筋肉です

⑮上唇挙筋(じょうしんきょきん)・・・唇の上にある筋肉で、微笑む時に使われます

⑯口角挙筋(こうかくきょきん)・・・口角を上方に引き上げる筋肉です

⑰口輪筋(こうりんきん)・・・唇をぐるりと囲み、口の開閉や唇の微妙な動きに使われます  これが衰えると唇の上にシワが出来るなど、老けた感じになります

⑱オトガイ筋・・・あごを動かす筋肉です

トップページ |